1. サービス概要 

 

  • ・高品質をリーズナブルに

当社では、中小企業のお客様にも高品質なM&Aアドバイザリーサービスを提供したいという思いから、大手仲介会社と比べてリーズナブルな報酬設計としております。
高度な専門性を有する少数のメンバーで運営し、オフィスや間接人員などのコストを抑えることで、リーズナブルな報酬体系を実現しています。

  • ・M&Aにとらわれない多角的な視点

事業や会社の売却をしたいお客様の中には、資金繰りが厳しいためスピード売却を希望するケースや、数年後の売却を見据えてじっくり準備したいケース、良い価格で売れるのであれば売りたいというケースなど、様々なニーズがあります。売却するにしても、現状のまま売却するのではなく、事業の磨き上げをしてから売却することでより有利に交渉が進められる場合もあります。
ご依頼いただいたお客様のメリットが最大となるよう、M&Aに限らず、事業承継税制を活用した中長期的な事業承継対策、事業再生スキームを用いた金融機関との交渉など、状況に応じた最適な解決策を模索し、お客様に寄り添って実行までサポートします。

  • ・優良な顧客ネットワーク

当社では創業以来数多くのお客様からご紹介をいただき、M&A専業のチームが上場・非上場を問わずお客様と日々情報交換し、M&Aの検討を行なっております。
収集された業界動向や売却・買収ニーズの情報と、構築された優良な顧客ネットワークを活用し、スピーディーで確度の高いマッチングが可能となっています。

2. M&Aサービスメニュー

 

全面的なサポートから部分的なご依頼まで柔軟に対応 専門家として初期相談から実行、決済後の統合支援までワンストップサービスをご提供いたします。

M&A仲介、FA(セルサイドFA、バイサイドFA)
  • 案件のソーシング段階からクロージングまで、M&Aプロセス全般に関するアドバイス
  • 売り手側(セルサイドFA):売却を検討するオーナーに対して買い手候補先企業を提案、売却価格額の提案、条件交渉等のサポート
  • 買い手側(バイサイドFA):買収対象候補企業のリストアップ、候補企業へのアプローチ、倍数提案
  • 会計・税務・法務の各側面を考慮して最適なストラクチャーを提案
企業価値評価・株価算定(バリュエーション)
  • M&Aにおける買収・売却対象企業の株式価値算定(マルチプル法、DCF法、配当還元法等)
  • 増資、資本提携、MBO、相続税評価など、さまざまな局面での株式価値・企業価値評価
財務・税務・事業デューデリジェンス
  • 実態貸借対照表、実態収益力、正常運転資本、税務上の繰越欠損金、税務リスク分析を含む、要望に応じた財務調査
  • 財務分析のほか、M&Aアドバイザーの視点でビジネスリスクや経営体制の問題点についても総合的に調査、契約書に反映すべき事項や買収後の潜在的課題を抽出
  • 採算分析、収益シミュレーション、シナジー検証、顧客分析、市場分析等、要望に応じた事業調査
PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)
  • 買収後の企業に対する財務報告プロセスの統合・システム統合、コスト削減等の支援
  • PMIは、(1)経営統合(理念・戦略、マネジメントフレームの統合)、(2)業務統合(業務・インフラや人材・組織・拠点の統合)、(3)意識統合(企業風土や文化の統合)の3段階からなります。
  • PMIに取り組むには、時間制約の中で、これらのうちどこから着手し、いつまでに統合するかを決定することが必要です。そして、膨大な範囲にわたる統合を成功させるためには、全体と整合をとって個々の統合検討を進めることが条件となります。
  • PMIの成功には、(1)トップダウン型の基本方針の提示、(2)統合準備室を中心とした検討体制の整備、(3)PMIマスタープランの作成と機動的な運用が重要です。
その他(ポイントアドバイス)
  • 当事者同士でM&Aの話がまとまっており、手続面でのサポートが欲しい
      →契約書その他必要となる書類の作成サポート
      →プロセス管理サポート、弁護士、司法書士等の専門家の選定アドバイス
  • 事業承継対策の必要性を感じているが具体的なアクションがとれていない 
      →事業承継税制適用のための必要書類作成支援、所得税・相続税シミュレーション
      →親族内承継、従業員承継を含めた事業承継戦略のアドバイス、実行支援
 

3. M&Aの流れ

 

売り主様におけるM&Aの一般的な流れ・手続きをご説明します。
それぞれの段階でお相手との交渉があります。ご相談いただいてからクロージングまで通常3ヶ月~6ヶ月程度の期間を要します。

4. 事例紹介(抜粋)

 

以下に成約事例を抜粋し記載します。
2018年【IT企業】キュレーションメディアを運営する企業の株式譲渡
2018年【IT企業】事業撤退による仮想通貨メディアの事業譲渡
2019年【IT企業】キュレーションメディアを運営する企業の株式譲渡
2019年【リラクゼーション】マッサージ店を運営する企業の株式譲渡

5. 報酬体系

 

各サービスにおける標準的な報酬は以下のとおりです。
正式にご依頼いただく際には個別事案ごとに報酬見積りを提示いたします。

5-1. M&A仲介、FA(バイサイドFA、セルサイドFA)

 

 

大手M&A仲介会社 

当社 

初回相談料 

無料 

無料 

案件紹介料 

無料 

無料 

着手金 

100万円~ 

無料 

月額報酬 

あり 

無料 

中間報酬 

あり 

譲渡側無料(*) 

成功報酬 

取引金額×料率 

取引金額×料率(下図参照) 

最低成功報酬 

2,500万円~ 

500万円~ 

※基本合意の締結時: 中間報酬として成功報酬の10%が発生いたします。
※消費税別途
成功報酬は取引金額に料率を乗じて計算されます。

取引金額

成功報酬料率

5億以下の部分

5%

5億円超~10億円以下の部分

4%

10億円超~50億円以下の部分

3%

50億円超の部分

2%

計算例

取引金額

成功報酬金額(税別)

6000万円以下

500万円~

2億円

1,000万円(2億円×5%)

8億円

3,700万円(5億円×5%+3億円×4%)

20億円

7,500万円(5億円×5%+5億円×4%+10億円×3%)

5-2. 事業価値・企業価値評価、株価算定、合併比率の算定

 

業務

概要

最低報酬(税別)

簡易事業価値算定

対象事業の財務資料のレビューのみに基づく評価

50万円~

事業価値算定(フルスコープ)

対象事業の財務資料のレビューに加え、ヒアリング、事業計画の修正を含む評価

100万円~ 

※対象事業の規模・複雑性等、個別事由により変動します。個別事案ごとにお見積り致します。

5-3. 財務・税務・事業デューデリジェンス

 

業務

概要

最低報酬(税別)

簡易財務調査

決算書その他資料のレビューに基づく簡易的な調査の実施
調査報告書の作成

国内企業40万円~
海外企業80万円~

標準的な財務調査(フルスコープ財務DD)

決算書その他資料のレビューに加えて、 調査対象会社担当者へのヒアリングを含むフルスコープ財務DD

国内企業100万円~
海外企業200万円~

※対象事業の規模・複雑性等、個別事由により変動します。個別事案ごとにお見積り致します。

5-4. 買収対象企業ソーシングサービス

 

買収に積極的な企業は、譲渡案件の紹介を待つだけではなく、買収対象となり得る企業に対して買収提案を行って買収しています。
当社では企業情報データベース等を活用し、買収ターゲット企業の選定及び、電話・メールによる買収提案のサポートを行います。

買収対象企業のリスト作成及び買収提案のアプローチ:最低30万円~ お見積り

5-5. PMI

 

デューデリジェンスの過程で明らかになった、買収後の企業統合に向けた課題の解消を行います。
デューデリジェンスの過程で得た対象企業に対する理解に基づき、ポイントを絞った効率的・効果的なPMIサポートを行います。

業務範囲

最低報酬(税別)

会計報告の統合(最短1ヶ月~)

50万円~

内部統制の統合(最短1ヶ月~)

50万円~

※対象事業の規模・複雑性等、個別事由により変動します。個別事案ごとにお見積り致します。

5-6. その他(ポイントアドバイス)

 

業務範囲

最低報酬(税別)

基本合意書・株式譲渡契約書等の作成サポート

30万円~

M&Aの場面で必要となる専門家(弁護士、司法書士、税理士等)のご紹介

無料

M&Aセカンドオピニオン(別のFAや仲介会社と契約中の場合

月額10万円~

6. M&Aお客様ご紹介手数料(キャッシュバック)

 

当社へご紹介いただいたお客様(売主様または買主様)のM&A案件が成約に至った場合、ご紹介手数料として、当社が当該お客様から頂戴する成功報酬額の20%をご紹介者様へお支払いします。
※一部、紹介料をお支払いできないケースがあります

【紹介手数料計算例 】
ご紹介いただいた売主様のM&Aが、譲渡金額 3憶円で成約した場合
当社が売主様から頂戴する成功報酬額: 3億円×4%= 1,200万円
当社からご紹介者様へお支払いする紹介手数料: 1,200万円×20%= 240万円